オープンハウスとはなにか

伊藤博之

建築家の作品のオープンハウスの情報を昨今よく耳にする。以前は見学会または内覧会と言うことのほうが多かったが、建築家が竣工直後に知人を招いて自作を公開するイヴェントのことである。販売が前提の不動産業者が主催するオープンハウスとはまったく趣旨が異なり、作り手が、おもに同業者に対して作品を公開し批評を請う、元来は内輪の会といった性格の強いものである。
住宅などのプライヴェートな施設の場合においては特に、建主の入居後に関係者以外が内部に入ることはほとんどないため、見学のための貴重な機会となる。
もちろん、雑誌発表などで紹介される機会はあるものの、すべての建物が発表されるとは限らない。また写真と実際の建物では情報量が異なるうえに、伝わる内容も変わってくる。作品の是非を問うのに、実作より写真を見せたいと思う建築家はいないであろう。
オープンハウスには、場合によっては100人以上の人が一日に訪れる。そう考えると、招く側にとっては一回限りの舞台のような緊張感のある晴れの催しである。ただ、完成したものを披露するわけで、その場ではなにもなしえないせいか、たいていが終始和やかな雰囲気である。

見学会の参加者は同業の建築家、建築学科の学生、雑誌編集者などである。思えば、ごく普通の住宅街の一角において黒っぽい服の人々が群れ、吸い込まれていくのは、一般の人から見るときっと異様な光景である。玄関からあふれる靴、記帳ノート、軍手姿での建具の開け閉め、内外の写真撮影はもちろん、かなり寄りのディテール撮影、作り手への質問の数々。筆者の設計したある住宅のオープンハウスの際、居合わせた建主は目の前の光景にしばし目を丸くしていた。住宅が鑑賞の対象であり、作り手の思惟を表出しうることにあらためて驚き、建築の見え方が変わったという。
しかし近年、見学者が増えるのと同時にそのあり方も多様になってきている。ある著名な建築家のオープンハウスには、住宅でも200人以上の人が集まるという。メーリングリストによる案内はもちろん、ウェブサイトでも告知しているため、知り合いの建築家、学生だけでなく、面識はなくてもその建築家に設計を依頼したいと考えている人や、建築愛好家なども含まれるという。一般雑誌が建築をしばしば特集し、一般の人の建築に対する興味が高まってきたあらわれである。特殊な例としては、賃貸部分の客付けのための内覧と同時に行なうもの、さらには近隣住民に案内を配布し、交流を図るケースもあるようだ。

長い期間を要する設計活動において、竣工は建築家にとって最もエキサイティングな瞬間のひとつであるが、時間と労力をかけて育ててきたものから手を引く寂しさも同時に味わう。結婚式の父親の気分、というのはちょっとためらいもあるが、類似するのは感傷だけではない。結婚式は庇護のもとにあった子供を披露し、世間との関係を改めて結び直す儀式である。オープンハウスは、建築家と建主のあいだの、ともすると建築家だけのドメスティックな存在であった作品を公に開き、社会に結びつける手続きといえる。その意味で、このイヴェントの呼称は見学会よりオープンハウスがふさわしい。

ところで、オープンハウスにもマナーがあることは知っていてほしい。あくまでも、建主の好意で実現可能なイヴェントであるから、建物を汚さない、傷つけないのは当然として、建主がいる場合もあるので、極端な批評や中傷は慎むべきであろう。設計をしたことのある人間にとっては当然の配慮であるが、まれに一部の学生などに心無い見学者を見かけることもあると聞く。
一人の建築家として、建築関係者のみならず広く一般の人々にも、家を建てるつもりがなくともオープンハウスに参加して、身近に建築空間を体験してもらいたいと思う。舞台や美術を鑑賞するように一般の人が楽しみのひとつとして建築を体験する社会は、きわめて健全であるし、優れた建築を生み出す環境となると考えるからである。

[いとう ひろゆき・建築家]

 

 

「10+1 web site」オープンハウス情報

難波和彦+界工作舎《sobi infill》
ミサワホームイング+芦沢啓治《Hapworth16》

オープンハウス情報のバックナンバーはこちらですべてご覧いただけます。
http://10plus1.jp/monthly/issue/openhouse/


200508


このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

刊行記念イベント「建築のそれからにまつわるArchitects」乾久美子×中山英之(渋谷区・6/3)

乾久美子さん、中山英之さんの建築作品集が、それぞれLIXIL出版とTOTO出版から刊行されます。同じ...

「新しい時代のはじまり」展(神奈川県・4/20-5/6)

「旧神奈川県立近代美術館 鎌倉」が「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として生まれ変わります。 鶴岡八...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点」(武蔵野市・5/11-)

近年、開催される大規模な建築展も多く、建築や建築に関する資料への関心が高まっているように感じられま...

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまで...

「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区・3/29-5/18)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジエ。建築と都市計画においてのパイオニアであり紛れな...

「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」(富山県・3/9-5/19)

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...

豊田市美術館リニューアル記念イベント「谷口吉生──美術館を語る」(6/15・愛知県)

豊田市美術館のリニューアルを記念して、同美術館を設計した谷口吉生のトークイベントが開催されます。 ...

日本橋高島屋と村野藤吾(中央区・3/5-5/26)

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日...

NPO建築とアートの道場 2019春レクチャーシリーズ「これからの建築を考える──表現者と建築家による対話実験」(文京区・4/27-)

これからの建築を考えてみたいと思います 確固たるビジョンがあるわけではありません ただ葛藤や矛盾は...

シンポジウム「感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて」 (港区・5/7)

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサス...

建築学生ワークショップ出雲2019開催説明会、講演会(東京・5/9、京都・5/16)

2019年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、出雲大社周辺区域にて、小...

杉戸洋「cut and restrain」(港区・3/16-4/13)

杉戸洋による展覧会が「cut and restrain」4月16日まで小山登美夫ギャラリーで開催し...

鏡と天秤─ミクスト・マテリアル・インスタレーション─(中央区・3/12-5/11)

私たちは非日常(ハレ)と日常(ケ)の境界が曖昧な社会におり、個々が非日常(ハレ)と日常(ケ)のバラ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る