ピックアップ・サプライヤーの活用

大島哲蔵

Benthem Crouwel 1980-2000, 010publishers, 2000.

William Turnbull, Jr.: Buildings in the Landscape, William Stout Publishers, 2000.

A+T18: Tony Fretton

Gerhard Richter: Forty Years of Painting, D.A.P./Distributed Art Publishers, 2002

Documenta11 Platform5: The Catalog

Okwui Enwezor

Donald Judd: Late Work, PaceWildenstein, 2002.

Portraits Wolfgang Tillmans, D.A.P./Distributed Art Publishers, 2002.

日本の書籍流通は周知のように、取次ぎ会社という卸業者がかなりの部分まで取り仕切っている。書店も出版社も、便利さと引き換えに特色のある業態(品揃え)を手放したと言えるだろう。余り知られていないが、洋書の卸し会社というのも存在し、最近では商品を直輸入していない「洋書店」が増える傾向にある。つまり独自の取り扱いタイトルが減るわけだが、幸か不幸かその種の洋書を買い求める人も減少している。こうしたシステムは海外では未発達で書店は出版者と直接取り引きしているのが実状だから、品揃えのバリエーションに開きが大きく見て回る楽しみが拡大する。

ただ各国から膨大な数の本が毎日出版されるのだから、一書店の担当者がそれらに眼を光らせるといっても限度がある。そこであるジャンルの新刊に企画段階からリサーチをかけて、一定部数を良い条件で引き受けて世界中の取引先に斡旋するような業態が成り立つ。今のところ建築専門という会社はないが、'Art & Architecture'もしくは'Visual Books'という切り口で活動している2社を今回は紹介してみたい。

こうしたやり方の先鞭を付けた会社がオランダ(アムステルダム)にあるのは、それ自身が興味深い。ヨーロッパの産品や情報を中継して来た地理的、歴史的要因と符合するし、最近の当地での建築表現も同じく媒介的であるからだ。会社の名前は'IDEA BOOKS'といって、以前は社長の個人的コレクションがそのまま取扱い商品にもなるという具合だった。その当時はユニークな出版をゲリラ的に繰り出すマイナーな版元が結構多かったから、こうした中継ぎをしてくれる会社の存在はそれなりに重宝だった。しかし容易に予想されるように、この方式は矛盾を抱えている。つまりこの「中継ぎ」が広く受入れられて各国に伝搬すればする程、ユニークであるはずの商品が陳腐化することが避けられない。

それでもオランダのデザイン界が活性化するのと軌を一にして、この会社の取扱い商品(必然的に多種多様な版元の刊行物)は世界の関連書店の店頭を彩り豊かなものにした。一例を挙げると、以前は一部の有名書店しか扱っていなかった010(ゼロテン)publishers(在ロッテルダム)という個性的な出版社の商品など、今ではかなり普通に見かけるようになった。ちなみに最近の同社の注目タイトルはスキポール空港関連の諸施設で高名な『Benthem Crouwel 1980-2000』(¥10,170)、それに『Droog Design2. Experiences』(¥6,600)あたりだろうか。それ以外の出版社では、少し前のリリースになるが『William Turnbull, Jr.:Buildings in the Landscape』 (William Stout, ¥11,000)が良いと思った。もちろんチャールズ・ムーアと「シーランチ」で共働したあのターンブルの始めての本格的作品集である。

もっと最近のタイトルでは『A+T18: Tony Fretton』(¥4,800)が注目される。これは雑誌(スペイン)の特集号だが、エル・クロッキー並のクオリティを保持している。トニー・フレットンはイギリス建築界の次代を担うホープと目され、アルヴァロ・シザの係流にあると自認しているようだが、私見によるとかなり異なった資質をもつ。またオランダの先年亡くなった聖職者、ドム・ファン・デル・ラーンの設計した修道院を知らない人は、『Dom Hans van der Laan:Complete Works』(Architectura &Natura,¥6,600)を手に入れるべきだろう。アート関連では『Georges Rousse1981-2000』(Bartschi-Salomon Ed., ¥10,050)が興味深く、この人の「廃墟アート」はゴードン・マッタ=クラークの延長線上にあることが確認できる。

よく似たポリシーで健闘しているのが、アメリカ(N.Y.)の'D.A.P./Distributed Art Publishers'で、ヨーロッパの個性的出版社やアメリカの販路の限られた版元をネットワーキングしている。ここのカタログはなかなか出来が良くて、各ジャンルの新刊書に付された解説文を読むとその年度の表現界での動向がある程度まで把握できる。ちなみに最新の'Spring/Summer 2002'カタログのトップは『Gerhard Richter:Forty Years of Painting』(¥14,500)が取り上げられ、この展示会はこの春から来年にかけてMOMAを皮切りに全米を巡回する予定となっている。遂に彼が世界の一級品として認められる時代がやって来たということである。私達がリヒターの薄いカタログを輸入して怪訝そうな顔付きの関係者に紹介し始めてから、もうかれこれ20年が経過している。

5年毎に開催される'ドクメンタ展'は、6月8日から9月15日までカッセルで開かれるが、今回の話題は何と言ってもナイジェリア生まれの黒人アートディレクター、Okwui Enwezorが統括することだろう。そしてそのキーワードは'diaspora(国外離散)'とのことで興味深いが、果して現代芸術祭として成功するかどうかは別問題である。出版は少し先になるが(6月)、事前に発行されるエディションは『Documenta11 Platform5:The Catalog』 (Hatje Cantz,¥9,600)としてまとめられ、展示作品を掲載するヴァージョン『Documenta11 Platform5:The Exhibition』(同、¥8,700, july)も告知されている。

このD.A.P.社も半期ごとに20タイトル程の建築書を扱うが、今期は残念ながら突出したものが見当らない。それでも長らく絶版になっていた『Donald Judd:Architecture』(Hatje Cantz,¥6,700)が3月に再版されるのは朗報だろう。内容も少々見直されるとのことだが、はっきりしたことは記されていない(旧版の邦訳書はキャラリー・ヤマグチで取り扱っている。e-mail:y74@jade.dti.ne.jp, ¥2,500)これまで出版されたほとんどのタイトルが品切れになっているジャッドの新しいカタログもアナウンスされている[Donald Judd:Late Work』(Pace Wildenstein,¥3,900)]。また『Greg Lynn & Hani Rashid:Architectural Laboratories』(NAI Pub., ¥5,700, july)も人によっては注目度が高いかも知れない。ところでニューウエーブの写真家、ティルマンスがポートレート集を出したようで、例図の人物はどこかで見た顔だなと思ったらコールハースその人だった(これがそのまま表紙になるとは限らないが)。最後にそのデータを掲げておく一『Portraits Wolfgang Tillmans』(D.A.P., ¥7,800, march)。

[おおしま てつぞう・建築批評家]


200204

連載 海外出版書評|大島哲蔵

デザイン関連書の新刊よりコンパクトなインパクト──Birkhauser社の新刊をめぐってピックアップ・サプライヤーの活用2月末の少し寒いロンドンからスペイン建築界と共に歩んだGG社(Editorial Gustavo Gili, SA)オランダ建築界の世界戦略工学書と芸術書のうまいミキシング英語建築書の底力出版活動が状況をリードする余地期待が集まるエレクタ社
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第2回(千代田区・5/24)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが使...

シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」(新宿区・5/18)

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークとと設計...

「Unfinished」建築展(港区・4/4-5/12)

スペインと日本の外交樹立関係150周年を記念する文化プログラムの一環として、「Unfinished...

「飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture」展(神奈川県・5/19-7/16)

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を...

映画『ジェイン・ジェイコブズ──ニューヨーク都市計画革命』(全国・4/28-)

1961年に出版された「アメリカ大都市の死と生」は、近代都市計画への痛烈な批判とまったく新しい都市...

シンポジウム「今、日本の建築を考える」(港区・4/30)

森美術館で開催する展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の関連シンポジウムとして「今、日...

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち(足立区・4/26)

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)主催によるダンス・フェスティバルの第...

「プラハの機能主義建築──伝統と現代建築への影響」展(新宿区・4/9-4/27)

チェコのヤン・フラグネル・ギャラリーが企画したこの展示は、機能主義の原型に影響をうけたチェコとプラ...

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタ...

海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/24-5/19)

実作のモックアップから大きなスケールのドローイングまで、建築の楽しさを伝えられるような夢のある展...

イサム・ノグチ─彫刻から身体・庭へ(新宿区・7/14-9/24)

イサム・ノグチ(1904-88)は、幅広い活動をした20世紀を代表する芸術家です。ノグチが目指した...

阿佐ヶ谷アートストリート建築展「The Think of Locality and Life 地域と生活を考える」(杉並区・5/1-5/11)

杉並は新宿などに近く、住みやすいベッドタウンとしても知られています。また太宰治などのおおくの文豪...

伊東豊雄展 Toyo Ito Exhibition「聖地・大三島を護る=創る」(港区・4/12-6/17)

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽...

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの(港区・4/25-9/17)

いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建...

現代アートの学校MAD 2018年度受講生募集

NPO法人AITが主宰する現代アートの教育プログラム「MAD」では、2018年度の受講生を募集し...

山本忠司展―風土に根ざし、地域を育む建築を求めて(京都・3/22-6/9)

山本忠司(1923〜98年)は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市志度)に生まれ、1943年に京都高...

看板建築展(東京・3/20-7/8)

1923年(大正12)9月1日、相模湾沖を震源とするマグニチュード7.9の大地震が関東地方の南部...

写真都市展 ―ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち―(港区・2/23-6/9)

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリア...

展覧会「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(千代田区・3/3-5/6)

国内外で膨大なプロジェクトを抱えつつ疾走する世界的建築家、隈研吾(1954〜)。古今東西の思想に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る