スペイン建築界と共に歩んだGG社(Editorial Gustavo Gili, SA)

大島哲蔵

2G N.19: Waro Kishi. Recent works, Gustavo Gili

Mies van der Rohe: Barcelona Pavillion

I.Abalos, Good Life:A Guided Visit to the Houses of Modernity, Gustavo Gili, 2001.

A.Zabalbeascoa &J.R.Marcos, Minimalisms, Gustavo Gili, 2000.

Claesson Koivisto Rune, Gustavo Gili, 2002.

Craig Ellwood: in the spirit of the timeWorks & Projects 1948-1977

Land & Scape Series: Artscape

スペインの現代建築を出版活動の側面から考えると、先ず隔月刊の雑誌『EL QROQUIS(エル・クロッキー)』が世界中で売れている事実が思い浮かぶ。かの地での建築作品の充実度の飛躍的向上と軌を一にして、透明度が高く見易い誌面づくりに成功している。もちろん先行誌として「Quaderns」(カタロニア建築大学が発行する季刊誌で230号に達している)も同様の質の高さがあることは、いくら強調してもし過ぎということはない。今回取り上げるGG社はなかなか的確な人選で若手のシリーズや季刊雑誌(2G)をまがりなりにも成功させて来たのが目につく出版社である。そして人によっては、新興勢力のActar社の活動に注目したいという向きも結構多いのではないだろうか。

振り返ってみると、GG社は80年頃に大幅な方針変更を行ったことが歴然としていて、これが良い結果をもたらしたと思われる。1902年に創立された同出版社(従って今年は100周年の記念すべき年にあたる)は当初、化学工業の専門書を手がけていたが次第に建築関連書に重点を移したことが知られている。この間、1961年に社屋を新築した。その設計には一族のものが参画し、社屋には質の高いモダニズム・オフィス空間が成立している(多くの「建築ガイド書」に取り上げられている一Rossello 89 Barcelona)。この頃、メキシコにも同名の出版社を設立し、美術書や翻訳書も射程に入れて言わば拡大路線を突っ走っていた。

しかし想像するに、ポストモダンの到来と共に転機が訪れ、つまりスペインでも専門書の伸び悩みが水面下で進行し、その現象への対策として前記の方針転換がなされたことは言うまでもない。方針は視覚上のインパクトを最優先させる企画・編集に傾いたわけだが、同社は単純にその傾向に追随したわけでは決してなかった。品格のある知力に優れた若手を中心に、モダニズムの価値観から見ても成立する表現を的確にセレクトすることで、着実に需要を掘り起こしたのである。この判断の確かさには、先見の明と共に永年の出版活動で培われた「歴史の流れを読む眼力」ともいうべき能力が貢献している。

そういうわけで、かつてGG社の主力商品だった「技法書」や「理論書」がすっかり背景に後退し、その多くが「売り切れ」になっているのは淋しいが、これは世界的な傾向で仕方ない成り行きだろう。現在前面に押し出されているのは2Gシリーズ(各巻¥4,100)で、最新刊(no.19)は岸和郎である。今後の出版企画としては'Portugal,next generation''Lacaton-Vassal architects(フランスの設計事務所)''Abalos Herreros'が予定されている。さすがだなと思ったのは、売れ行きの点からは消極的にならざるを得ない「Architecture and Energy」という特集を前号(no.18)で実現させていることで、社会的な責任感や編集サイドの嗜好が今なお旺盛に働いている。また去年の夏頃に発売されたミースのカラー写真中心の作品集『L.Trigueiros & P.M.Barata/Mies van der Rohe』(¥8,200)もかなりの好評を得ている。これはバルセロナ・パヴィリオン再建の報告書、『Mies van der Rohe:Barcelona Pavillion』(¥4,100)を受け継いだ出版だが、2年程前に同社の肝煎りで行なわれた同パヴィリオンのゲスト棟のコンペはジリ貧に終った。

日本でのマーケットは限られるが、興味深い新刊として『I.Abalos/The Good Life:A Guided Visit to the Houses of Modernity』(¥4,100)がある。これは作家としても人気のある'Abalos & Herreros'[彼らの近作集は『Abalos & Herreros:RecyclingMadrid』(Actar刊、¥5,600)が適している]のアバロスの方が、ハイデッガーが隠棲した小屋とか、ピカソの画室+居室(あちこち居を変えているが、著者によると「本質は変わらない」とのこと)それからウォーホルの「ファクトリー・スペース」などを例に住居論を展開した本で、知的な興味をそそられる好著となっている。スペインの建築家の実作での腕前には定評があるが、論理水準も高いことがこの本を拾い読みしていて実感される。

ファイドン版が出るまでは定番だった『John Pawson』(第三版、¥4,100)や『Alberto Campo Baeza』(¥6,800)などを出版している同社は、明らかに「ミニマリズム」を戦略的なレパートリィに組み込んでいる一『A.Zabalbeascoa &J.R.Marcos/Minimalisms』(¥2,900)などもリリースしている。その路線の延長線上ではスウェーデンのミニマリスト・グループ、『Claesson Koivisto Rune』(¥4,100)が注目される。処女作が「Wabi House,1994」というのも面白いが、これが一時都心の忙しくてヤバイ公園一麻薬が取り引きされ、娼婦が出没する一内に設置されていたエピソード(現在は移設)も興味深い。作風自体は穏健で工夫が認められ、光の処理など参考になる点が多く含まれている。

これから出る予定のタイトルでは、『Craig Ellwood: in the spirit of the timeWorks & Projects 1948-1977』(価格未定)が注目される。これは2Gシリーズでエルウッドを取り上げた(no.12)のをきっかけに、さらに取材を積み重ねて、全作品のカタログを備えた出版に結び付けようとしたものである。判型が小さい(24X17cm)ので作品集とは言えないが、住宅以外の作品も網羅したエルウッドの全体像を知るには格好の出版となるだろう。また『Land & Scape Series: Artscape』(価格未定で発売が本年後半にずれ込むらしい)も期待できそうで、事例のセレクトさえ間違わなければ今日的に待望されている方向性(アートを援用したランドスケープ)が打ち出されるに違いない。

GG社の最新の出版傾向をみると、再び模索の時期に入っていることが推測される。言うまでもなく、視覚優先主義の行き詰まりが明確に意識化されている。打開策の方向はまだ見えて来ないが、これは他人事ではない。つまりデザイン界は全体として、非常に困難な時期を迎えているからだ。意匠上の新機軸が問題解決(とくに人間関係の活性化)につながらない限りにおいて、評価につながらなくなって来ている。従来と同じような価値観で商品や情報をリリースしても、マーケットは反応してくれない。また読者層が新しい情報摂取の方式、もしくは批評的コミュニケーションの新しい形式を未だあみ出しているわけではないから、供給側も手探り状態の域を出られない。まだまだ当分こうした状態は続くが、様々な試行を積極的に展開しているGG社の取り組みに接していると、さすがに一味違うなと思わされるのである。

[おおしま てつぞう・建築批評家]


200202

連載 海外出版書評|大島哲蔵

デザイン関連書の新刊よりコンパクトなインパクト──Birkhauser社の新刊をめぐってピックアップ・サプライヤーの活用2月末の少し寒いロンドンからスペイン建築界と共に歩んだGG社(Editorial Gustavo Gili, SA)オランダ建築界の世界戦略工学書と芸術書のうまいミキシング英語建築書の底力出版活動が状況をリードする余地期待が集まるエレクタ社
このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX|総目次 NAME INDEX|人物索引

PROJECT

  • パブリック・トイレのゆくえ
  • TOKYOインテリアツアー
  • 建築系ラジオ r4
  • Shelter Studies
  • 再訪『日本の民家』 瀝青会
  • TRAVEL-BOOK: GREECE
  • 4 DUTCH CITIES
  • [pics]──語りかける素材
  • 東京グラウンド
  • 地下設計製図資料集成
  • リノベーションフォーラム
『10+1』DATABASE

INFORMATIONRSS

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る