INFORMATION

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨
「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半から90年代を扱う。バブルは戦後空間を駆動させた高度経済資本の成長が、イメージゲームにまで展開した。震災は公共福祉を目的とし邁進してきた建築・都市の法的精神を温存させつつも、安全と従来の生活文化に矛盾を生じせしめ、その後の建築行政のあり方の方向性を決定した。オウム教は「ユートピア」を目指す組織が、その実現にあたって政治権力のみならず一般市民までをも敵とした事件であった。これは戦後空間が保証してきた自由な表現活動一般に対しての大きな挫折となった。重要なことは、それらが連動していたことである。この3つの要素とその余波が絡み合うことで、戦後空間の変質が確固とした流れとして現れてきたと言えるのではないか。
第4回目のシンポジウムは以上のような要素の出現がその後、現在までの戦後に与えた空間の 特質を導きたいのである(本シンポジウムは、建築歴史・意匠委員会の戦後空間WGが企画するものです)。


挨拶・司会
松田法子(京都府立大学)、中谷礼仁(早稲田大学)

報告
山形浩生(翻訳家)、古賀義章(ジャーナリスト)、牧紀男(防災研究)

コメンテーター
石山修武(早稲田大学名誉教授)、布野修司(日本大学)

レビュアー
村上しほり(神戸大学)

日時
2019年11月22日(金)17:00-

会場
建築会館会議室(東京都港区芝 5-26-20 建築会館3階)

定員
70 名(申し込み先着順)

参加費
会員 1,500 円、会員外 2,000 円、学生 1,000 円(当日会場でお支払いください)

申込方法
以下のWebよりお申し込みください
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=625052




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: 「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊
次の記事: JIAデザイントーク2019 第1回「

INFORMATIONRSS

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのよう...

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開...

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る