INFORMATION

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古民家等が取り壊され、伝統的な景観が失われつつあることも憂慮されます。
丹波篠山市を拠点とする地域工務店のグループ住倶楽部(スクラム)では、持ち前の在来工法の技術と地域でのネットワークを活かして、工務店の立場からこのような地域課題の解決に貢献する活動に取り組んでいます。
その一環として、本プロジェクトでは、次世代の建築業界を担う皆さんとともに、日本遺産のまち丹波篠山でこそ実現できる有効な古民家の活用方法を探っていきます。[ウェブサイトより]


実施内容
丹波篠山市内で実際に再生活用が望まれている古民家を具体的な対象として、講義と実測演習を通して古民家再生に必要なノウハウや技術を学びながら、数名ずつのグループ単位で活用提案の作成・発表を行います。

スケジュール
開催日:2019年8月26日(月)- 8月30日(金)

初日:8月26日(月)
 受付(13:00 -)
 開校式・ガイダンス
 フィールドワーク(まちあるき)
2日目:8月27日(火)
 実測調査
 ゲスト講師 森田一弥氏によるレクチャー
 森田一弥氏も交えての夕食懇親会
3日目:8月28日(水)
 グループディスカッション
 中間発表会
4日目:8月29日(木)
 グループディスカッション・ワーク
5日目:8月30日(金)
 受講生による発表
 講評・表彰
 閉校式・解散(12:30頃)

募集
●募集対象
建築・まちづくりなどを専攻している学生 及び若手建築従事者(18歳以上・国内外問わず)
●募集人数
20名
●募集期間
2019年7月27日(土)まで
●参加費用
実費 5,000円(資料代) ※ 事前徴収制
※ 別途 宿泊費・宿泊期間中の朝食代、夕食代が必要です。
※ 初日の昼食は済ませてから集合してください。
※ 2日目~4日目の昼食は活動場所付近のお店でとることとし、費用は各自負担とします。

その他、プロジェクトや募集にかんする詳細はウェブサイトをご確認ください。

協力
神戸芸術工科大学、丹波篠山市商工会

主催
住倶楽部~篠山若手工務店の会

ウェブサイト
https://scrum-home.com/arch-sc/




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アー
次の記事:「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」

INFORMATIONRSS

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトー...

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してき...

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どの...

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しか...

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画とし...

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫...

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及し...

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中の...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る