INFORMATION

建築スタジオトーク vol.01 名和晃平 SANDWICH(京都府・6/22)

建築スタジオトーク vol.01 名和晃平 SANDWICH(京都府・6/22)

多様なマテリアルを自在に扱うことで、世界から注目を集める彫刻家・名和晃平氏。彼が主宰する宇治川沿いのスタジオ・SANDWICHは、建築、アート、デザインなど様々なジャンルで活躍を広げています。
建築スタジオトークでは、建築系の学生のみなさんにSANDWICHを訪問していただき、ものづくり現場の見学や講演、座談会を通じて、建築を取り巻く多様な関係性と可能性について体験し、学ぶことを目的としています。[開催概要より]


会期
2019年6月22日(土)
14:00 - 16:30(集合 -13:40)

会場
SANDWICH
※13時40分までに、近鉄京都線向島駅東口バスロータリー前にお集まりください。スタッフと路線バスにて会場へ向かいます。直接会場へ向かうことはできません。

講師
名和晃平氏(彫刻家、CREATIVE PLATFORM FOR CONTEMPORARY ART SANDWICH Inc. 主宰)

内容
スタジオ見学、講演会、座談会

対象
建築を学ぶ学生

参加
定員:25名(要事前申込、応募者多数の場合は抽選)
参加費:¥1,000
対象:建築を学ぶ学生
申込先:下記リンク先よりお申込みください。
申込みは6月5日(水)までとし、応募者多数の場合は抽選し随時該当者に参加・ 不可の決定連絡(返信メール)をいたします。
https://form.os7.biz/f/3951a72c/

ウェブサイト
建築スタジオトーク vol.01 KOHEI NAWA|SANDWICH




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: 建築博物教室「大地のアーキテクチャ──
次の記事: ARCH-ABLE データローンチイベ

INFORMATIONRSS

公開レクチャー「神山に3年通って:石川初さん語り下ろし[東京編]w/若林恵、真鍋太一、西村佳哲」(渋谷区・12/5)

今年8月に徳島県神山町で開催した、石川初(いしかわ はじめ)さんの公開レクチャー「神山に3年通って...

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSF...

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカ...

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史...

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さ...

「磯崎新─水戸芸術館縁起─」(茨城・11/16-1/26)

建築家・磯崎新による美術館設計を振り返るシリーズの一環として、当館では水戸芸術館の設計コンセプトや...

展覧会「Steven Holl: Making Architecture」(品川区・11/8-1/8)

アメリカを代表する建築家、スティーブン・ホールは72歳になった現在も、ニューヨークと北京にオフィス...

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか...

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」(港区・11/22)

主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半か...

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野で...

展覧会「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(香川県・9/21-12/15)

われわれがよく聞く『日本建築』とは、何なのか? そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る