INFORMATION

シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

 シンポジウム「日本の近代建築を支えた構造家たち」(新宿区・5/18)

我が国の近現代建築の発展を技術的側面から支えた構造設計手法や施工法などに関する構造資料は、これまでその概要が調査されたことやアーカイブ手法などについて議論されたことがなく、滅失や散逸の危機にさらされているものと推察されている。日本構造家倶楽部と法政大学は、文化庁国立近現代建築資料館の委託を受け、平成29年度よりこれら構造資料の概要把握調査を実施している。
本シンポジウムでは、その過程で得られた明治時代〜1970年代までの我が国の建築構造を牽引してきた11人の構造家の残された構造資料を通じて、彼らの設計作品や設計思想が現代にどのようにつながっているのか、現代の第一線の構造設計者たちが迫ることを目的としている。そして、このシンポジウムでの議論を通じて、日本の建築において構造家が果たした役割の大きさとその歴史認識の重要性について啓蒙していく。[開催概要より]


日時
2019年5月18日(土)13:30 - 18:30(開場13:00)

会場
法政大学市ヶ谷田町校舎5階マルチメディアホール
(東京都新宿区市谷田町2-33)

入場料
無料

プログラム
◯13:30〜13:50|オープニング
挨拶:桐原武志(国立近現代建築資料館)
趣旨説明:竹内徹(日本構造家倶楽部)


◯13:50〜16:00|11人の構造家
佐野利器・内田祥三:多田脩二(日本構造家倶楽部)
内藤多仲:伊藤潤一郎(日本構造家倶楽部)
武藤清:浜田英明(法政大学)
坪井善勝:中田捷夫(日本構造家倶楽部)
[休憩10分]
坂静雄・棚橋諒:満田衛資(日本構造家倶楽部)
横山不学:金箱温春(日本構造家倶楽部)
松井源吾:新谷眞人(日本構造家倶楽部)
松下富士夫:竹内徹(日本構造家倶楽部)
木村俊彦:佐々木睦朗(日本構造家倶楽部)

◯16:15〜17:00|基調講演
構造がどう建築を変えてきたか
難波和彦(近現代建築資料館運営委員)

◯17:10〜18:00|ディスカッション
モデレータ:難波和彦
パネラー:新谷眞人、金箱温春、佐々木睦朗、中田捷夫、浜田英明

◯18:00〜18:10|クロージング
挨拶:中田捷夫

主催
日本構造家倶楽部、法政大学デザイン工学部建築学科

詳細(PDF)
日本の近代建築を支えた構造家たち




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: 連続講義「建築とアーカイブズを巡る論点
次の記事:「ル・コルビュジエ 絵と家具と」(渋谷区

INFORMATIONRSS

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古...

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのA...

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

"東京で何かを「つくる」としたら"という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつく...

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その...

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、...

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.28「デザインと自己」(新宿区・8/30)

アンスティチュ・フランセ東京が2015年春より開始した対談シリーズ「ル・ラボ」は、日本とフランスの...

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く...

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣...

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブ...

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の...

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る