INFORMATION

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォーラムでは、地域にとって身近なようでいて、実は接する機会の少ない、大学の建築に焦点をあてます。
国内外の建築資料アーカイヴの活動や、大学における建築物の公開に関する取り組みを、レクチャーとケース・スタディを通じて共有し、議論します。

言語:日・英
※ 講演は日本語で行われますが、英語での言語サポートを提供予定です。
ウェブサイトより]


日時
2018年10月20日(土)14:00 - 16:30

会場
慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎 517番教室
(東京都港区三田2-15-45)

対象
どなたでもご参加いただけます

費用
参加無料

プログラム
■レクチャー(14:00-)

渡部 葉子(慶應義塾大学アート・センター 教授/キュレーター)
「学校と記憶──慶應義塾の建築プロジェクトを中心に」

藤本 貴子(文化庁 国立近現代建築資料館 建築資料調査官)
「近現代建築アーカイブズの保存と活用──文化庁国立近現代建築資料館と海外の事例から」

■ケース・スタディ(15:15-)

明治学院大学(桑折美智代/明治学院歴史資料館)
「歴史的建造物が語るキャンパス ~文化財三棟(インブリー館・記念館・チャペル)を中心に~」

学習院大学(冨田 ゆり、丸山 美季/学習院大学史料館)
「学習院大学目白キャンパスの歴史ある建築の保存と活用」

■ディスカッション(15:45-)

主催
「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクト実行委員会、慶應義塾大学アート・センター

ウェブサイト
www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/architecture-forum-2018/




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散
次の記事: L-cafe ナノメートルアーキテクチ

INFORMATIONRSS

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開記念トーク(京都・6/29)

フレデリック・ワイズマン監督の最新作「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開を記念し、北小...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

シンポジウム「環境建築設計論」(港区・7/2)

環境建築は進展を続けている。自然換気に特化した建物、日射遮蔽に特化した建物、...など単独効果が顕...

建築博物教室「大地のアーキテクチャ──カルトグラフィーの歴史と測地系の成立」(文京区・7/6)

日本語の「建築」は建物(building)または建設(construction)の意に解されること...

建築スタジオトーク vol.01 名和晃平 SANDWICH(京都府・6/22)

多様なマテリアルを自在に扱うことで、世界から注目を集める彫刻家・名和晃平氏。彼が主宰する宇治川沿い...

ARCH-ABLE データローンチイベント作品展示(港区・5/31-6/30)

建築家の生みだしたデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスの下に公開しようとするプロ...

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る