INFORMATION

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォーラムでは、地域にとって身近なようでいて、実は接する機会の少ない、大学の建築に焦点をあてます。
国内外の建築資料アーカイヴの活動や、大学における建築物の公開に関する取り組みを、レクチャーとケース・スタディを通じて共有し、議論します。

言語:日・英
※ 講演は日本語で行われますが、英語での言語サポートを提供予定です。
ウェブサイトより]


日時
2018年10月20日(土)14:00 - 16:30

会場
慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎 517番教室
(東京都港区三田2-15-45)

対象
どなたでもご参加いただけます

費用
参加無料

プログラム
■レクチャー(14:00-)

渡部 葉子(慶應義塾大学アート・センター 教授/キュレーター)
「学校と記憶──慶應義塾の建築プロジェクトを中心に」

藤本 貴子(文化庁 国立近現代建築資料館 建築資料調査官)
「近現代建築アーカイブズの保存と活用──文化庁国立近現代建築資料館と海外の事例から」

■ケース・スタディ(15:15-)

明治学院大学(桑折美智代/明治学院歴史資料館)
「歴史的建造物が語るキャンパス ~文化財三棟(インブリー館・記念館・チャペル)を中心に~」

学習院大学(冨田 ゆり、丸山 美季/学習院大学史料館)
「学習院大学目白キャンパスの歴史ある建築の保存と活用」

■ディスカッション(15:45-)

主催
「都市のカルチュラル・ナラティヴ」プロジェクト実行委員会、慶應義塾大学アート・センター

ウェブサイト
www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/architecture-forum-2018/




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散
次の記事: L-cafe ナノメートルアーキテクチ

INFORMATIONRSS

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

ベロニカ・アントニオウ「ゴリラたちによるフリースペースへのトリビュート:キプロス、ヴェネチア、東京」(渋谷区・12/9)

第1回となるELSE.W.HERE(エルズウェア:ここではないどこか)では、地域や国境を横断...

FUSION_N×MEZZANINE VOL.3 ローンチイベント「起業都市(ニューヨーク)巨大テック企業たちは、今なぜ都市をつくりたがるのか(トロント)」(千代田区・12/13)

新しいものと伝統あるもの、古くからの個人商店とオフィスビルとが違和感なく共存している千代田区神田エ...

『出島表門橋と12の橋|DEJIMA FOOTBRIDGE & 12 BRIDGES』刊行記念 渡邉竜一+門脇耕三トークイベント(渋谷区・12/21)

「土木学会田中賞」を受賞するなど高い注目を集め、地元・長崎でも熱狂的に支持されている「出島表門橋」...

アートプラザ開館20周年記念 ARATA ISOZAKI TALK+EXHIBITION(大分県・12/17-27)

アートプラザは、大分市出身の世界的建築家・磯崎新氏の設計により「大分県立大分図書館」として1966...

福井をゆさぶる2夜連続トークイベント「福井のこれから、わたしがつくる」(福井・12/15,16)

今、福井では、4年後の北陸新幹線の延伸により福井駅前/福井市街地の再開発がはじまり、いよいよヒ...

建築情報学会キックオフ準備会議第5回(目黒区・12/14)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る