INFORMATION

「記憶の光跡展」関連イベント(港区・9/28、9/29-10/3)

2018年5月に岐阜県養老町で開催され、2日間で1000人を越える来場者を記録した教育委員会主催アートプロジェクト「記憶の光跡~レンズ越しにつながる養老の歴史とあたらしい未来/Traces of Memory: Yoroʼs history and new future as seen through the lens.」に関連する2つのイベントが開催されます。

■プロジェクト報告展オープニングトークイベント

『アート×学び』の力で地域を盛り上げる。
2016年からスタートしたメイドイン・ヨーロー!プロジェクトは民間と行政そして教育機関が連携して地域を盛り上げることで、その活動の幅を徐々に拡大しています。これまでの一連の活動の中で見えてきた「養老町の今とあたらしい未来」を、「アート」と「学び」によるローカルプロジェクトをテーマに語ります。

日時
2018年9月28日(金)19:00-

会場
プレゼンテーションギャラリー・ファーストエレメント青山[°Fe]
東京都港区南青山2-20-3
03-5413-5305

登壇者
古谷誠章 (建築家)× 中崎透 (美術家)/Nadegata Instant Party ×
Studio The Future( 実験的な印刷出版社)
モデレーター:安田綾香(建築家/メイドイン・ヨーロー!主宰)

参加方法
事前申込制。定員30名(定員を超える場合は抽選。またギャラリー内でのイベントのため一部の方はお立見いただく場合がございますのでご了承ください)
申込先アドレス:madeinyoro.japan@gmail.com
(メイドイン・ヨーロー!実行委員会宛)
①お名前
②メールアドレス
(お連れ様がいる場合はその方のお名前とご連絡先)
③ご職業
を記載の上メールにてお申込みをお願いいたします。
※応募締め切り:9月25日(火)中

■プロジェクト報告展

昨年から本格始動した「メイドイン・ヨーロー!」アーティストイン・レジデンスプログラムに参加したオランダ人フォトグラファーJoshua Hoogeboom(ジョシュア・ホーゲンボーム)が自然と共に育んできた養老町の深い歴史や文化の魅力を探るため、カメラのレンズを通して町に向き合い、そこから生み出した作品を通して養老町の新たな未来を伝えることに取り組みました。アーティストが辿った歴史や文化の痕跡とともに、養老発のアート作品をお楽しみください。

日時
2018年9月29日(土)-10月3日(水)11:00-18:00

会場
プレゼンテーションギャラリー・ファーストエレメント青山[°Fe]

入場無料




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:これからの時代を切り拓く木造設計手法(文
次の記事:建築情報学会キックオフ準備会議第4回(渋

INFORMATIONRSS

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開記念トーク(京都・6/29)

フレデリック・ワイズマン監督の最新作「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開を記念し、北小...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

シンポジウム「環境建築設計論」(港区・7/2)

環境建築は進展を続けている。自然換気に特化した建物、日射遮蔽に特化した建物、...など単独効果が顕...

建築博物教室「大地のアーキテクチャ──カルトグラフィーの歴史と測地系の成立」(文京区・7/6)

日本語の「建築」は建物(building)または建設(construction)の意に解されること...

建築スタジオトーク vol.01 名和晃平 SANDWICH(京都府・6/22)

多様なマテリアルを自在に扱うことで、世界から注目を集める彫刻家・名和晃平氏。彼が主宰する宇治川沿い...

ARCH-ABLE データローンチイベント作品展示(港区・5/31-6/30)

建築家の生みだしたデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスの下に公開しようとするプロ...

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る