INFORMATION

Making the City Playable 2018 コンファレンス(千代田区・9/28)

英国のメディアセンター、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げた、「遊び」を通して都市と人が出会うグローバルなイノベーションプラットフォーム、Playable City。そのPlayable Cityの英国外で初となる国際会議を2018年9月28日に東京で開催します。

当日は国内外で活躍するスピーカーが登壇するほか、8ヶ国の約30名のクリエイター、プロデューサー、研究者なども参加し、基調講演やプレゼンテーション、パネルディスカッションなどを通して、未来の都市のあり方をグローバルな視点で議論します。午後のプログラムでは、ウォーターシェッドが展開している世界のクリエイティブ・プロデューサー育成プログラム、『クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル』の参加者たちがファシリテーターを務めるワークショップを通して、東京におけるPlayable Cityの可能性を探ります。さらに今年の6月、Playable City Tokyo 2018レジデンスプログラムに参加して、東京で滞在リサーチを行った英国の2人のクリエイターが、リサーチから生まれたアイデアを発表します。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、世界の注目が高まる東京。変わりゆく東京をもっと自由に、遊び心と創造性の溢れる街へと進化させるヒントをいっしょに発見しましょう。[ウェブサイトより]


日時
2018年9月28日(金)10:00 - 17:45(09:30 受付開始)

会場
ステーションコンファレンス万世橋4階(404ABC)
(東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル3F・4F)

入場料
3,000円(日英同時通訳、昼食付)

参加申込
申込方法の詳細はウェブサイトをご覧ください
定員:100名
締切:9月27日(木)または、定員になり次第

スピーカー
齋藤精一(株式会社ライゾマティクス、代表取締役社長)
クレア・レディントン(ウォーターシェッド、CEO/クリエイティブ・ディレクター、UK)
若林恵(黒鳥社、ディレクター)
ティーン・ベック(アーティスト、リサーチャー、UK)
田中元子(株式会社グランドレベル、代表取締役社長)
ジョー・ヴェレント(Unlimited、 プログラム・シニア・プロデューサー、UK)
マテアス・ポルソン(Counterplay Festival、デンマーク)
三輪美恵(東日本旅客鉄道株式会社、執行役員 事業創造本部 新事業・地域活性化部門部長 兼 品川まちづくり部門部長)

グラフィックファシリテーター:やまざき ゆにこ

主催
ブリティッシュ・カウンシル、ウォーターシェッド

ウェブサイト
www.britishcouncil.jp/programmes/arts/playablecity/conference-2018/details




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:建築情報学会キックオフ準備会議第4回(渋
次の記事: LIXIL出版 中途採用のお知らせ

INFORMATIONRSS

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開記念トーク(京都・6/29)

フレデリック・ワイズマン監督の最新作「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開を記念し、北小...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

シンポジウム「環境建築設計論」(港区・7/2)

環境建築は進展を続けている。自然換気に特化した建物、日射遮蔽に特化した建物、...など単独効果が顕...

建築博物教室「大地のアーキテクチャ──カルトグラフィーの歴史と測地系の成立」(文京区・7/6)

日本語の「建築」は建物(building)または建設(construction)の意に解されること...

建築スタジオトーク vol.01 名和晃平 SANDWICH(京都府・6/22)

多様なマテリアルを自在に扱うことで、世界から注目を集める彫刻家・名和晃平氏。彼が主宰する宇治川沿い...

ARCH-ABLE データローンチイベント作品展示(港区・5/31-6/30)

建築家の生みだしたデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスの下に公開しようとするプロ...

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る