INFORMATION

これからの時代を切り拓く木造設計手法(文京区・9/21-)

これからの時代を切り拓く木造設計手法(文京区・9/21-)

「木の建築塾」は、「木造技術の再確認と再評価」をテーマに活動を行うものの集まりで、2000年10月に発足しました。

日本において古くから木造建築に使用されている伝統的な材料・技術・構法に注目して、それに精通している設計者・施工者・研究者等を講師に招き、講義を受けたあと、講師を交えて出席者全員で討論を行います。この講義・討論を通して出席者全員で学びながら、伝統的な材料・技術・構法の現代的役割や将来の可能性等について認識を高めていく場としたいと思います。
設計者・施工者といった実務に携わる人や、これから木造を学ぶ学生たちが気楽に参加し、それぞれの立場から自由な意見を交換し合う場にできればと考えています。[ウェブサイトより]


スケジュール
■2018年(各18-21時)
◯第1回 9月21日(金)松本昌義「架構の仕組みと間取りの関係」
◯第2回 10月19日(金)日高保「素材と向き合い、人がつながる建築」
◯第3回 11月16日(金)林美樹・都倉孝治「職人・大工と共に考える空間づくり」
◯第4回 12月21日(金)山田貴宏「パーマカルチャーに学ぶ環境共生&省エネ建築」

■2019年(各18-21時)
◯第5回 1月18日(金)越智隆浩「構造設計から考える空間づくり」
◯第6回 2月22日(金)高橋昌巳「省エネ時代の伝統木造建築のつくり方」

会場
gallery IHA 1階レクチャールーム
(113-0034 東京都文京区湯島1-9-7)

定員
20名(先着順)

受講料
各回3,000円(全回受講料:15,000円)
*学生は各回1,500円で受講できます。学生証をご持参ください。

申し込み方法は、ウェブサイトをご覧ください

主催
木の建築塾

ウェブサイト
http://denmoku.org/kousyu/kinokenchikujyuku/




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: ケンチクトークセッション「都市のパブリ
次の記事:「記憶の光跡展」関連イベント(港区・9/

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.2 「空間デザインの道具箱」ーロボットと共生する、空間の可能性・デザイン(渋谷区・2/21)

新しい空間づくりの方法を発見し、実験と提案を行う「WAKUGUMI PROJECT(ワクグミプロジ...

- Green, Green and Tropical - 木質時代の東南アジア建築展(品川区・2/6-5/6)

建築倉庫ミュージアムでは、2月6日より「- Green, Green and Tropical -...

公開討議「〈都市的なるもの〉/〈都市世〉の臨界へ:アンリ・ルフェーブルの言葉を媒介に」(千代田区・1/27)

横浜国立大学大学院の都市空間研究会が主催する公開討議「〈都市的なるもの〉/〈都市世〉の臨界へ:アン...

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る