INFORMATION

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

 建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行している。私たちの目につきやすいのは言うまでもなく大規模な都市(再)開発だが、木密地帯や古い市街地でも小さなスケールのまちづくりが行われていて、私たちの生活に直結するのは後者だったりする。今年度の建築フォーラムはマクロな都市(再)開発とミクロなまちづくりという、都市を対象に繰り広げられている2つのインテルヴェントを取り上げる。その双方の主唱者をお招きして、その現状について語っていただくところから、それぞれの展望は何か、また問題点は何かを考察してみたい。[ウェブサイトより]


スケジュール
■1|2018年10月2日[火]
テーマ「連鎖する関係性が掘り起こす人と場とまちの可能性」
登壇者|宮崎晃吉/HAGI STUDIO代表、東京藝術大学非常勤講師
モデレーター|北山恒/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■2|2018年10月9日[火]
テーマ「TOKYO Beyond 2020」
登壇者|岸井隆幸/日本大学理工学部土木工学科特任教授
モデレーター|北山恒/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■3|2018年10月16日[火]
テーマ「企画×設計×運営によるまちづくり」
登壇者|中川敬文/UDS代表取締役
モデレーター|渡辺真理/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■4|2018年10月30日[火]
テーマ「City Evolutions〜アクティビティ・インフラが都市を再生する」
登壇者|田中亙/日建設計 執行役員・都市デザイングループ代表
モデレーター|渡辺真理/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■5|2018年11月6日[火]
テーマ「ミクロの計画からマクロの都市組織へ」
登壇者|織山和久/アーキネット代表、法政大学客員研究員
モデレーター|赤松佳珠子/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■6|2018年11月20日[火]
テーマ「エリアリノベーション/工作的都市」
登壇者|馬場正尊/OpenA代表、東北芸術工科大学教授
モデレーター|下吹越武人/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■7|2018年12月4日[火]
テーマ「東京の大規模都市開発について」
登壇者|六鹿正治/日本建築家協会会長、日本設計最高顧問
モデレーター|赤松佳珠子/法政大学デザイン工学部建築学科教授

■8|2018年12月11日[火]
テーマ「総括|東京の近未来を語る」
登壇者|
赤松佳珠子/法政大学デザイン工学部建築学科教授
北山恒/法政大学デザイン工学部建築学科教授
下吹越武人/法政大学デザイン工学部建築学科教授
渡辺真理/法政大学デザイン工学部建築学科教授

時間
各回いずれも開場18:00
開演18:30 - 20:30
事前申し込み不要・入場無料

会場
法政大学デザイン工学部 市ケ谷田町校舎5F マルチメディアホール
(東京都新宿区市谷田町2-33)

ウェブサイト
www.design.hosei.ac.jp/archi/?p=1269




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:SHOUT VOL.8 ゲスト:ナノメー
次の記事: インドのル・コルビュジェ 近代建築を巡

INFORMATIONRSS

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開記念トーク(京都・6/29)

フレデリック・ワイズマン監督の最新作「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開を記念し、北小...

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7...

シンポジウム「環境建築設計論」(港区・7/2)

環境建築は進展を続けている。自然換気に特化した建物、日射遮蔽に特化した建物、...など単独効果が顕...

建築博物教室「大地のアーキテクチャ──カルトグラフィーの歴史と測地系の成立」(文京区・7/6)

日本語の「建築」は建物(building)または建設(construction)の意に解されること...

建築スタジオトーク vol.01 名和晃平 SANDWICH(京都府・6/22)

多様なマテリアルを自在に扱うことで、世界から注目を集める彫刻家・名和晃平氏。彼が主宰する宇治川沿い...

ARCH-ABLE データローンチイベント作品展示(港区・5/31-6/30)

建築家の生みだしたデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスの下に公開しようとするプロ...

戦後空間シンポジウム03「市民・まちづくり・広場──1960-70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー」(港区・6/29)

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高...

「ある編集者のユートピア──小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」(世田谷区・4/27-6/23)

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマ...

「宮本隆司 いまだ見えざるところ」(目黒区・5/14-7/15)

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る