INFORMATION

RENOVATION 1998-2018 and then リノベーションの20年とこれからの都市とか建築とか(大阪府・7/7-14)

RENOVATION 1998-2018 and then リノベーションの20年とこれからの都市とか建築とか(大阪府・7/7-14)

日本でリノベーションが誕生したとされる1998年から20年の時が流れました。この間、わたしたちの都市や建築はどう変わったのか。あなたにとってリノベーションとは何だったのか。そして時代はどこへ向かうのか。
平成が次のピリオドへ遷ろうとするいま、都市とローカル、宿泊のかたち、新築とリノベーションなど、既存の価値観がボーダレスにミックスし合う未来を、時代を駆け抜けてきたエポックメーカーたちの言葉から考える展覧会を開催します。[ウェブサイトより]


日時
2018年7月7日(土)- 14日(土) 12:00-20:00

会場
新桜川ビル2階 特設会場
(大阪市浪速区桜川3-2-1)

入場料
500円(展覧会booklet 込)

booklet
30人のエポックメーカーの方々に5つの質問を投げかけ展覧会bookletをつくりました。展示会場ではアンケートの回答と合わせ、過去から今まさに生み出されているものまで、数々の書籍・雑誌・SNSでのリノベーションにまつわる言葉を振り返っていきます。

岸本千佳[アッドスパイス]、大島芳彦[ブルースタジオ]、高岡伸一[BMC・建築家]、家成俊勝[ドットアーキテクツ]、前田有佳利[FootPrints]、宮崎晃吉[HAGI STUDIO]、島原万丈[LIFULL HOME'S 総研]、矢津吉隆[kumagusuku]、馬場正尊[OpenA]、山崎亮[studio-L]、田村晟一朗[タムタムデザイン]、山口晶[TEAM クラプトン]、林厚見[SPEAC/東京R不動産/toolbox]、梶原文生[UDS]、澤田充[ケイオス]、中村真広[ツクルバ]、泉英明[ハートビートプラン]、いとうともひさ[いとうともひさ]、北川大祐[ひつじ不動産]、平野 愛[写真家]、平塚桂・たかぎみ江[ぽむ企画]、青木純[まめくらし]、嶋田洋平[らいおん建築事務所]、東野唯史[ReBuilding Center JAPAN]、内山博文[u.company inc.]、中野弘巳・吉崎かおり[御舟かもめ]、三浦展[カルチャースタディーズ研究所]、倉方俊輔[大阪市立大学]、竹内厚[編集者]、松村秀一[東京大学]

主催
Arts&Crafts

ウェブサイト
会期中にはトークイベントが開催されます。詳細はウェブサイトをご覧ください。 www.a-crafts-event.com/renovation2018




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:映画『ジェイン・ジェイコブズ ―ニューヨ
次の記事:シンポジウム「日本建築学会賞(作品)を考

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る