INFORMATION

大和ハウス工業株式会社寄付講座開講「文化の居場所を考える」(豊島区・6/28)

 大和ハウス工業株式会社寄付講座開講「文化の居場所を考える」(豊島区・6/28)

21世紀の文化の容れ物−変容するビルディングタイプソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など各々の伝統的ビルディングタイプが担っていた文化的背景とそれとは異なる空間デザインが登場した社会的変化、今後についてビルディングタイプごとに見ていくとともに、タクティカルアーバニズムのような、新しいデザインと使われ方を生み出す方法論についても紹介していく、ユニークかつ文理融合学際型テーマの講座を開催[ウェブサイトより]


講座開講記念特別講演会
日時:2018年6月28日(木)18:30 - 20:00
会場:立教大学 池袋キャンパス7号館7101教室
入場無料、予約不要

■記念講演
人々の出会う場所──ビルディングタイプを超えて
古谷誠章(建築家・日本建築学会会長/早稲田大学教授)

■特別講義
社会デザインと文化の居場所
中村陽一(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授/立教大学社会デザイン研究所所長)

プロジェクト・メンバー
事業責任者:
◎中村陽一(立教大学21世紀社会デザイン研究科教授/立教大学社会デザイン研究所所長)

プログラム・ディレクター:
◎高宮知数(立教大学社会デザイン研究所 研究員)

プログラム・アドバイザー:
◎五十嵐太郎(東北大学大学院教授、建築史・建築批評家)
◎西田司(建築家、オンデザイン代表・東京工業大学・東京理科大学・日本大学大学院・京都造形芸術大学非常勤講師・大阪工業大学客員教授)
◎山﨑誠子(日本大学短期大学部建築・生活デザイン学科准教授、植栽家・ランドスケープデザイナー)
◎福岡直(大和ハウス工業株式会社総合技術研究所建築系技術研究室建築ソリューショングループグループ長)

講座
#1:公園/広場 7月2日(月)18:30 -
#2:オフィス 7月9日(月)18:30 -

*以降の講座の詳細はウェブサイトでご確認ください。

ウェブサイト
特別講演会や講座の詳細はウェブサイトをご覧ください
ibasyo-kouza.jp




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:シンポジウム「日本建築学会賞(作品)を考
次の記事:建築新人戦2018(応募登録 -8/3)

INFORMATIONRSS

SPACE DESIGN TOOL BOX VOL.1 「空間デザインの道具箱」(渋谷区・11/21)

「空間デザイン」をもっと面白くするための道具や知恵を集めて、共有したい! 働く空間は、オフィスだけ...

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」(千代田区・11/9)

都市内には、日々使い続けられている20世紀建築が多数存在するが、それらの保存活用における課題、それ...

上妻世海『制作へ』刊行記念トークイベント 上妻世海×門脇耕三×木内俊克(千代田区・11/30)

『制作へ』の表題論考「制作へ」は一種の身体論であり、身体拡張論である。制作を通じて身体を〈作品〉...

分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回「分離派登場の背景に見る建築教育と建築構造」(文京区・11/3)

分離派建築会(1920年 東京帝国大学卒業・結成)を、日本の近代建築におけるモダンデザインの鼻祖と...

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る