INFORMATION

映画『BRIDGE』上映&トーク(渋谷区・4/29、目黒区・5/25)

昨年11月に完成した《出島表門橋》。その製作過程と設計者らの軌跡を辿りながら記録したドキュメンタリー映像の上映会を開催します。上映後に、トークイベントも予定しています。

2050年出島完全復元を目指し、1951年から始まった出島復元整備事業/2017年11月24日出島表門橋が完成/鎖国時代に日本と西洋を結ぶ唯一の窓口であった出島と長崎のまちが、再びつながった/2017年2月27日午前10時、架橋の日/約130年という歳月を経て、再び新しい橋が海を越えてやってきた/5000人を超える市民が架橋を見守り、出島の歴史に残る日となった/橋の建設が社会にもたらす意味、現代の構造物は文化になり得るのか/「BRIDGE」は、出島表門橋の製作過程と設計者の軌跡を辿りながら記録したドキュメンタリー。[ウェブサイトより]


2018年4月29日(日)
料金|¥1,500(別途1ドリンク¥600)
*上映会来場者の方は22時より同会場にて開催される、本編サウンドトラックをリリースするField Records主催の Future Historyへ23時まで1回のみ再入場可
定員|50名(予約ページからお申込みください)
会場|Contact(渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F)
登壇者|
藤野高志(生物建築舎)
山道拓人(ツバメアーキテクツ)
渡邉竜一(Ney & Partners Japan)
岩本健太(映像監督)
主催|DEJIMA BASE


2018年5月25日(金)
料金|¥1,500
定員|100名(予約ページからお申込みください)
会場|Impact HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)
登壇者|
豊田啓介(noiz architects)
八馬智(千葉工業大学)
渡邉竜一(Ney & Partners Japan)
岩本健太(映像監督)
主催|millegraph / Ney & Partners Japan
協力|DEJIMA BASE


ウェブサイト
ney.co.jp/bridge/
*映画や上映会の詳細はウェブサイトをご覧ください




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事: 「プラハの機能主義建築──伝統と現代建
次の記事:海法圭展「モダリティと泡」(港区・3/2

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る