INFORMATION

Architalk~建築を通して世界をみる(港区・2/16)

「建築の未来を考えていたら、考古学に辿り着きました。遠い過去の場所の記憶が、建築を未来へとつなげてくれると思っています」――エストニア国立博物館のデザインなどで国際的に注目を集める建築家の田根氏をスピーカーにお迎えします。[ウェブサイトより]

日時
2018年2月16日(金)19:00〜 ※講演後に懇親会(20:15~21:00)を開催します。

場所
国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール(東京都港区六本木5-11-16)
https://www.i-house.or.jp/facilities/banquet/hall/

参加費
1,000円(国際文化会館会員、学生:500円)
※要予約

スピーカー
田根剛(建築家)

モデレーター
藤村龍至(建築家)、小林正美(明治大学教授)

主催
空間デザイン機構

ウェブサイト
http://www.i-house.or.jp/programs/architalk20180216/




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:SUMAIセミナーPART26 第3回「
次の記事:空間デザイン機構シンポジウム「空間デザイ

INFORMATIONRSS

建築情報学会キックオフ準備会議第6回(江東区・2/3)

「建築情報学」は、旧来の建築学の学問的カテゴリに捉われることなく、建築内外の知見を架橋することが...

戦後空間シンポジウム02「技術・政策・産業化─1960年代住宅の現実と可能性─」(港区・1/14)

日本建築学会が主催する戦後空間シンポジウムの第2回が、1月14日に開催されます。第1回(戦後空間シン...

METACITY(千葉県・1/18-19)

「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプ...

AA visiting school workshop at 竹中大工道具館(兵庫県ほか・3/13-24)

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「A...

第1回復興 シンポジウム「復興と地域社会圏」(福島県・1/26)

福島県では震災後7年が経過し避難区域の解除に伴い避難者・帰還者の復興がより具体的な形ではじまりつつ...

日本建築学会 西洋建築史小委員会 西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第2回(港区・1/12)

日本建築学会 西洋建築史小委員会では、2018年秋に「西洋建築史の諸問題ワーキンググループ」を設置...

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」(大阪府・11/10-1/27)

鉄道芸術祭vol.8では、アートエリアB1開館/中之島線開業10周年を記念して、沿線開発という「都...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る