INFORMATION

空間デザイン機構シンポジウム「空間デザインの新時代に向けて」(文京区・2/15)

私達は空間デザインの活動を国内外により強く発信し、文化的価値の向上、社会資産としての解像度向上のために、2018年より活性化プログラムを開始することとしました。アワード事業の深化、デザイン行政との相互協力、デザイン教育へのバックアップ、そしてそれらを発信する場作りなどです。これらの実現に向け「空間デザイン」を広く議論し、将来を構想するシンポジウム「The Day/空間デザインの新時代に向けて」を企画しました。業界内に閉じることなくデザイン行政や将来の資産であるデザイン教育との連携も目的としております。[ウェブサイトより]

日時
2018年2月15日(木)
シンポジウム:15:00~(14:30〜開場、受付)
懇親パーティー:19:00~(18:14〜受付)

場所
東京ドームシティ「ギャラリーアーモ」(東京都文京区後楽1-3-61)
https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/

参加費
シンポジウム:無料
懇親パーティー:5000円
※シンポジウム、懇親パーティー共に事前登録をお願いします。

プログラム
【シンポジウム基調講演】
「再生する渋谷」内藤廣(建築家・東京大学名誉教授)
「何がこれからの時代に求められるのか」大井篤(公益財団法人日本デザイン振興会 理事長)

【パネルディスカッション】
「空間デザインの価値とその将来構想」
◎モデレーター:
五十嵐太郎(東北大学大学院工学研究科教授)
◎パネリスト:
井上成(三菱地所株式会社新事業創生部兼街ブランド推進部担当部長兼エコッツェリア協会エグゼクティブ・プロデューサー)
廣村正彰(廣村デザイン代表)
橋本夕紀夫(橋本夕紀夫デザインスタジオ代表)
山本尚美(株式会社資生堂執行役員クリエイティブ本部長)

主催
空間デザイン機構

ウェブサイト
http://www.kukandesign.jp/news/index.html




このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事:Architalk~建築を通して世界をみ
次の記事:とよた女性建築士展「ほっとする家」'18

INFORMATIONRSS

東京大学HMC企画研究「学術資産としての東京大学」/シンポジウム「本郷キャンパスの形成とそれを語る学術資産」(文京区・10/28)

本シンポジウムでは、2018年6月に出版された東京大学キャンパス計画室編『東京大学本郷キャンパス――...

建築家とめぐるキャンパス140年の歴史散策(文京区・10/20)

安田講堂と総合図書館の大改修という、本郷キャンパス史に残る近年の二大プロジェクトを担った二人の建築家...

大学の建築フォーラム:アーカイヴとアウトリーチ(港区・10/20)

都市を彩る建築物は、その空間において生起した人々の活動を留める、記憶の器でもあります。 本フォー...

L-cafe ナノメートルアーキテクチャー講演会「つくってきたもの、一緒につくること、その場所でつくること。」(福井県・10/21)

北陸建築学生団体SAKが主催するL-cafeでは、ナノメートルアーキテクチャーをゲストの迎え、「つく...

立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座「文化の居場所を考える」(豊島区・10/15-)

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など、...

オカムラデザインスペースR第16回企画展「Somesthetic-身体性-」(千代田区・9/27-10/17)

オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コン...

建築フォーラム2018「都市東京の近未来」(新宿区・10/2-)

現在東京では2020年およびそれ以降をめざして都市を再編する行為(インテルヴェント)が数多く進行し...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」(港区・9/24、11/18)

建築家が公共的な建築に取り組むとき、どんなことを考え、何を理想としているのでしょう。 1985年に...

NPO建築とアートの道場 2018年秋-1レクチャーシリーズ「建築家の生態を探る」(文京区・9/1-10/13)

gallery IHAの2018年秋-1レクチャーシリーズは、『建築家の生態を探る』と題して、成瀬友...

川田知志「Open Room」(大阪府・9/2-10/13)

「壁画」を主軸とするインスタレーション制作によって、視覚芸術と都市空間との関わりを提示する美術家・...
建築インフォメーション
Twitter Feed
ページTOPヘ戻る